« ぐるっと岡崎 | トップページ | ドライブスルー公衆電話 »

2009年7月14日 (火)

犬山 桃太郎神社

コンクリート造形作家「浅野祥雲」の代表的な作品群の内、特に有名?な犬山市の桃太郎神社に行ってきました。犬山という地名、木曽川のほとり、いかにも鬼のいそうなロケーション、、、と、桃太郎伝説の場所はココだということで、神社まで作ってしまった。そこに浅野祥雲のリアルなコンクリート像が並んでるのを見ると「桃太郎はココで生まれた」と信じてしまいますよネ。

Dsc_0053

Dsc_5287 

Dsc_5246

昔々あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。

おじいさんは山に芝刈りにおばあさんは川に洗濯に。

おばあさんが洗濯をしていたら大きな桃がドンブラコドンブラコと、、、

Dsc_5230

桃太郎の誕生!!

Dsc_5239_2

Dsc_5240

大きくなった桃太郎は鬼退治に出かけますが、途中サル、キジ、イヌを家来にします。

Dsc_5282

Dsc_5291

Dsc_5222

Dsc_5226

Dsc_5227

Dsc_5293

Dsc_5294

Dsc_5253

Dsc_5254

Dsc_5252

Dsc_5269

涙を流す鬼、やさしい鬼

Dsc_5283

Dsc_5287_2

めでたしめでたし。

Dsc_5259

桃太郎神社 宝物(鬼の金棒、鬼の珍宝)

Dsc_5299

Dsc_5300

Dsc_5304

浅野祥雲 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%85%E9%87%8E%E7%A5%A5%E9%9B%B2

二宮金次郎とともにこれから写真を撮りに行こうと思っております。

« ぐるっと岡崎 | トップページ | ドライブスルー公衆電話 »

浅野祥雲」カテゴリの記事

コメント

次は、
 1)関が原ウォーランドに行く
 2)野菜焼酎の飲み比べをやる

のどちらでしょうか?

定額給付金で”青春”18キップを買い、関ヶ原ウオーランドに行き、また各地の野菜焼酎を、、野菜焼酎?
とりあえずは、箱根城のシャチホコ見物。
先日大須のA氏とお会いしましたが、氏も関ヶ原ウオーランドに今月初めに行かれたそうで。200体を超える像の見物には相当時間と体力が必要とのことでした。ちなみに氏は毎日10キロ歩いておられるそうです。ちょっとやせましたよ。まつうらさん。あなたも。  私も。 皆さんも、、、。

訂正

箱根城→熱海城

失礼しました。

桃太郎で検索して辿り着きました。子供の頃はここによく遊びに来ていました。家族や町内会でピクニックに出かけるには最適なところでした。桜や紅葉の頃は言うまでもありません。その頃はコンクリートの像は無かったように記憶しています。近くに野猿公園があって日本猿が放し飼いにされていました。

高校生の時はこのあたりまで新聞を配っていました。もちろんバイクでですが。ある朝まだ暗い時に神社の近くの家に新聞を置いて帰る途中1匹の猿に食べ残しのパンを与えたところ沢山の猿(それもかなり大きい)にどっと囲まれてしまったことがありますが、その時はかなり怖かったことを覚えています。

神楽小僧 さん。
お久しぶりで、、。
今年はなかなかお会い出来ませんでしたね。
祭りも出かけてはいたんですが、パート見物?で一時間ほどしか見られなかったりでしたから。

そうでしたか。
当時はまだ像は無かったんですね。
浅野祥雲の晩年の作品だったんでしょうか。
本命とされている岡山から比べるとかなりマイナーな存在の犬山桃太郎伝説ですが、元々サルはいたんでしょうかねー。「犬山」でサルがいて、昔はキジもいたでしょうから、、と言っちゃうとどこでもありそうか。
ま、神社が主張してるだけで、犬山市もあまりチカラ入れてないようですし、名鉄あたりがもっとねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537667/45631121

この記事へのトラックバック一覧です: 犬山 桃太郎神社:

« ぐるっと岡崎 | トップページ | ドライブスルー公衆電話 »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ