« 重軽石 3 | トップページ | 小学校の閉校 »

2010年2月17日 (水)

女金次郎さん

最近は三河の山間地の小学校めぐりをしています。

岡崎市東部の生平(おいだいら)小学校に行って来ました。

4354s

さて、金次郎さんはどこかな?  アッいたいた、、、。

4363s

アレ?なんかヘンだぞ、、。

近づいて見ると、コッこれは、、、、。

4408s

下に何か書いてあります。

4366s

「孝婦虎像」  なんじゃこりゃ。

4381s

あきらかに女性でしょ。でもマキしょってるし。

4392s

4369s

で、帰って調べてみました。

「孝婦」というのは親孝行の婦人、虎(とら)は名前でした。

元禄3年生まれ、親孝行で八代将軍徳川吉宗の時の老中岡崎藩主水野忠之からほうびをもらった。貧しい中でマキを売って生活の足しにしていた所、父親が病でたおれ、その薬を往復14里の道を通って買いに行ったのを、水野の家臣が知り忠之に報告。二代にわたりほうびをいただいたという故事が伝わっている。二宮金次郎より百年も前の話なんですね。出身地の古部村に明治時代に石像が建てられ、その後昭和53年に生平小学校の出身者11名でこの石像が建てられたとのことです。

孝婦は各地にいたようですが、石像になってるのは珍しいと思います。

« 重軽石 3 | トップページ | 小学校の閉校 »

二宮金次郎めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537667/47592600

この記事へのトラックバック一覧です: 女金次郎さん:

« 重軽石 3 | トップページ | 小学校の閉校 »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ