« 女金次郎さん | トップページ | 小学校の閉校 2 »

2010年3月10日 (水)

小学校の閉校

この時期、年度末には過疎地の小学校の閉校のニュースが流れます。たまたま岡崎市の旧額田町あたりに出かけたら、なんと三校も閉校になるようです。

北部の「千万町(ぜまんじょう)小学校」、と「大雨河(おおあめかわ)小学校」そして「鳥川(とっかわ)小学校」。

千万町小学校は児童数5名 閉校後は宮崎小学校に統合される。校舎は地域コミュニティーとしての利用を希望している。校舎の前に石像の金次郎さんがいました。ちょっと首が長くスマートな感じです。首のあたりにハチの巣かなにかが、、。

Dsc_4004 「ぜまんじょう」と読みます。

Dsc_4010

Dsc_3992 像高1m

Dsc_3991_2 

次に「大雨河小学校」は児童数13名、こちらも閉校後は宮崎小学校に統合される。校舎は歴史資料館や自然体験館としての利用を計画しているようです。一部木造校舎も残っており、炭焼き体験もあるし周りを川(乙女川)の清流が流れていて自然体験には最高の環境です。金次郎さんは木造校舎の前にあり、像高90cm。なにか悩んでるのか苦悩の表情なんですよね。

Dsc_4922

Dsc_4963

Dsc_4927

Dsc_4946

Dsc_4939

Dsc_4968

最後に「鳥川(とっかわ)小学校

児童数6名、ほたるの里として保護に力をいれているのにもわかるように、かなりの山の中で学校の周りのも家はまばらです。木造の体育館が現存しています。閉校後は豊富小学校に統合されます。この学校には金次郎さんはいませんでした。40歳くらいの卒業生の方にお聞きしても昔から無かったということでした。教室をのぞいたら教卓の前に小さな机がひとつ。マンツーマンですね。たった一人の卒業式をむかえる現6年生の子供さんに会いましたが淋しそうでしたね。

Dsc_4995

Dsc_4996

Dsc_4997

Dsc_4999

Dsc_4998

Dsc_5000

いずれも統合後の小学校まではとても歩いての通学は無理ですから各町で通学バスを出すということでした。時代の流れといえばそうなんでしょうが地元の皆さんは皆残念がっておられました。

« 女金次郎さん | トップページ | 小学校の閉校 2 »

二宮金次郎めぐり」カテゴリの記事

コメント

おお、鳥川小学校。昨年度取材で何回か行きました。地域ぐるみの熱い学校という印象でした。確かに金次郎の印象はまったくありませんでしたが、もとからなかったんですね。
24日の閉校式には行こうと思っています。

三河地方の小学校めぐりをし始めたのはつい最近の私なので、その状況はうっすらとしか分かってはいなかったんですが、過疎化がここまで進んでいる現実に愕然としましたね。教室に机が数席しかないのは経験が無いだけにおどろきました。
自分の学校が無くなってしまうなんてつらいだろうなとも思います。
東栄町の東部小学校も閉校なんですね。
私がお聞きしたのは額田の三校と旧足助町の藤沢小学校(児童数8名)です。これで21年度で愛知県内での閉校は5校ということですね。東栄町の東部小学校も閉校前にぜひ行ってみたいと思っております。

あと、東栄町の奈根小学校も閉校しますよ。これで東栄町は1町1中学校という寂しい状況になってしまいます。
それからもうひとつ情報を。きょう豊橋に行ったら、市役所近くにあった八町通4丁目の火の見櫓が、消防団車庫の改築に伴い撤去されていました…。

そうなんですか。あの広い東栄町でたった一校になってしまうんですねー。豊根村と富山村合併の時に東栄町だけはずれてどうなるのかと思っておりましたが、まぁ合併していても児童が増えるわけじゃないし、、というか減るばかりなのでしかたないとは思いますね。花祭りでも「花の舞」が舞える子供がいないことが深刻な問題になっているようです。

最近は岡崎市の火の見櫓を撮っていますが、まだ豊橋まではなかなか手が(足が)出せません。
と言ってる間にどんどん撤去ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537667/47772037

この記事へのトラックバック一覧です: 小学校の閉校:

« 女金次郎さん | トップページ | 小学校の閉校 2 »

最近のトラックバック

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ